家族で順番に体調不良。おっかさんが嘔吐…その時次男は?

家族

昨年10月中旬あたりから、家族で順番に体調不良になりました。

まず始めに、おっとさんが発熱! →長男(酷い咳) →おっかさん(嘔吐)

→ 長男(発熱)→次男(発熱)

と、こんな具合です。(何故か私だけ嘔吐…(;^_^A…)

インフルエンザは誰もいませんでしたが、長男の引退試合も近いことで、ハラハラ…!

体調不良者は、順番に隔離で別室で過ごしていました。

 

次男が看病

おっかさんの嘔吐は、日中やってきました!(今思えば食あたりかな…(;^_^Awww)

腹痛と貧血のようで起き上がれなくて…唸りながら、ただただ横になっていました。

 

次男もびっくりしたようです。

袋を持ってきてくれたり、ティッシュやタオルを近くに置いてくれたり…。

「大丈夫!?、大丈夫!?」と少しオロオロしていたと思います。

ホットミルクも作ってくれました。

でもさすがに、嘔吐の時に牛乳を飲むのは怖い…(*_*)飲める状態でないし…。

多分、自分が不眠の時に飲んで落ち着けたので、作ってくれたのだと思います。嬉しいです!

 

ホットミルクは飲めませんでしたが、自分が眠りについたときは、気にして覗いてくれたそうです。

ありがとう(*´▽`*)

 

スポンサーリンク

看病=手伝い!?なの!?

ひと眠りして、大分元気になったおっかさん。

そこで、次男が言いました。

「お金くれるの?(看病したから)お小遣いは?」

えー!か、、悲しい、、、。そんな風に育てた覚えはありませんよ~!!

相変わらず、ゲーム内で欲しいものがあるらしいです。

「お金♪お金♪」

 

体調悪い時に、助けてくれてすごく嬉しかったのに、残念です。

まぁ、その時は見返りを考えていたわけではなく、次男も慌てていたので自発的とは思いますが、

後付けで欲しいものが現れて、これはチャンスと値だってきているのかな…

でもがっくりな、おっかさん(*´Д`)⤵⤵

 

「看病は、好意でするものだからね…。」ともちろんこちらも、折れることはできません!

おっとさんが帰宅し、「それは、″無償の愛″でしょう!」

次男「無償の愛…?」

 

翌日は、長男が発熱し学校早退やら、病院やら…。

病人続きで家はゴチャゴチャ。次男のお手伝い稼ぎ!?できるところは、盛り沢山です!

トイレ掃除、お風呂掃除、掃除機等々…頑張って働いて、プリペイドカードを買いに行くことになりました。(満足したのか、もう「看病のお金」は言ってこなくなりました(^₋^)…)

 

スポンサーリンク

久しぶりの明るい外

コンビニへ車で買いに行きます。次男も、久しぶりに外にでました。

まだ明るい夕焼けの時間帯…「空がきれいだね。」

道路もたまたまですが、人通りもなくシーンと静かでした。

「気持ちいいね。誰もいなくて(静かで)いいね。」

 

今回も、コンビニ店内には入れませんでしたが、少しでも外が綺麗で、気持ちよく感じることが出来たのかなぁ。

ひきこもりになり始めた春は、桜満開も「そんなのどうでもいい!関係ない!!」と言っていました。

少しづつ心は、ほぐれているのかなぁ…(*^-^*)

 

スポンサーリンク

親離れ…少しづつ

この数日後、次男が発熱しました。

リビング隣の和室(普段物置)で布団をひき、日中~就寝も過ごしていました。

風邪もたいして酷くならず一安心。

 

次男、この部屋が気に入った様で、平熱になってからも和室で一人で就寝するようになりました!

彼は、想像力豊かなのか、なかなかの怖がりです。特に夜は、二階に一人で行けなかったり…と怖い妄想が止まりません(;´・ω・)

 

今までは、父母次男と三人で就寝。

そんな次男が一人で就寝!我が家としては大きな出来事です!

…とはいえ、布団掛けて~~(*^^*)と甘えたり、おんぶしてきたり、まだまだこんなとこもあります。

これが思春期に入っていく感じかな~。くっついたり、離れたり、遠ざけたり…(*´ω`*)

寂しくもありますが、ひきこもりでもしっかり成長している部分が見れて、

安心&嬉しく思いました(*´▽`*)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました