カウンセリングにて『外に出れないだけ、学校に行けないだけ…』と前向きにコメントをもらいましたが…

ひきこもり、不登校

夏休みも終わり、1か月半が過ぎました。

日常は、大分落ち着いてはいました。

 

カウンセリングSさんからは、前向きな事を言って頂きました。

『学校に行けないだけ、外にでれないだけ…』

Sさん的には、大分見通しが見えるような雰囲気です。

外に出れるようになる日が、何となく見えているような!

とはいっても、不安…(´・ω・`)

『お母さんも、仕事等外に出ても良いと思いますよ…(^^)

❝○○くん(次男)は、まだ家が良いようだけど、お母さんは外に出るね~(^^)❞

…と言う感じで、伝えても良さそうと思います。』

とも言っていましたが、私には、どうしてもそこまで見えてきません。(*ノωノ)

 

以前に比べ、頭痛もなくなり、大分元気になったと思います。

食事は、好き嫌いは非常にありますが、量は食べれるようになりました。

でも、やっぱり外は嫌…

 

『何があるのかなぁ~。心に欠けたところがあるとして、それを直すにはどうしたら良いのか…。』

今でも、ふと考えます。

以前、教育講演会に参加した時に、

『不登校、ひきこもりを、❝さなぎ❞ ととらえる見方。』と話がありました。

さなぎ…

・幼虫から蝶に変身するために、殻にこもり大きな内的作業。

・殻の中では『生と死』が展開されている。

・殻をこじ開けては、新しい命が死んでしまう。

⇒『休む事』が必要なケースなら、安心して休める時間の保証も大切。家を安らぎの場とする。

次男は『さなぎ』かな…。

いつか蝶になれればいいな…。心から願うばかりです(*´ω`)

 

スポンサーリンク

先生の家庭訪問で…今回は会えませんでした(ノД`)・゜・。

今回は会えませんでした。

訪問に来ていただいたのは何回目かな…6回目かな…。

4、5回目は会えましたが、今回はダメでした。

 

その原因はおっかさん…Σ(゚д゚lll)ガーン

プレッシャーを掛けすぎました⤵

『先生とあえるかな?何か一緒にできればいいよね。どーする?どーする?』

…これは、我ながら大失敗です!!(T_T)

『嫌だ!夕食は、傘(なぜか傘⁉)でもサラダ(野菜嫌い)でも良いから、今日は会いたくない!

風邪ひこう。怪我しよう。骨折するから、足踏んで!!』

…とこんな具合になってしまいました(:_;)

 

もう、こんな事にはならないように、これからは知らん顔しておこう!と肝に銘じましたよ(>_<)

 

それでも、先生の帰り際に何か伝言ないかな~と、おっかさんもしつこく聞きに行く。

「バイバーイ。次回は挨拶したいと思います。」だって。

1歩進んで2歩下がる…かな。

 

落ち込まず、普通に過ごす事。この日は、他の事も中途半端になってしまいました。

(長男の進路、チームの役員の務めとか…(´・ω・`)…)

こんな日もある。明日は気持ちを入れ替えて過ごしたい…と思った一日でした⋆*⁂*⁂**

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました