自責

読み物

尊重と信頼『子育ち』*PTA新聞記事について

月刊で学校からPTA新聞をもらいます。令和2年1月号。その中に、ハッ!と気になる記事がありました。『子育て から 子育ちへ』スクールカウンセラー山口さん…という方の記事でした。「あー…私のしていたのは、こんな事だったのかな…。」と答えを教えてもらったような気分になりました。あまりに興味深い内容だったので振り返りたいと思います。
ひきこもり、不登校

不安と焦り、後悔、自責

次男が、不登校になりました。 おっかさんがスクールカウンセラーの方に相談に行きました。カウンセラーの先生の話によると、学校に行けるようになるまで時間がかかるから、焦らず次男の心が回復するまで、無理に学校へ行くように促すことはしないように。。。とのことでした。・・・ってそんだけ? 原因とか分からないの?ほかに何もしてあげられないの?何とかしてくれ~。次男はこんなに苦しんでんだよ~。
カウンセリング

藁にもすがる思いで…涙のカウンセリング。『受け入れられない現実』を知る。

クールカウンセリングを初めて受けました。これまで、学校には月に何回かカウンセラーの方が来校していたり、心の相談室があることは知っていましたが、正直、まさか自分がお世話になるとは思ったことはありませんでした。まだ、次男の状況を私自身受け入れられないまま、それでも助けを求めたくてカウンセリングに臨みました。
タイトルとURLをコピーしました