ひきこもり、不登校

制服採寸した様子と、第三者の大人【先生】との関わりについて

中学校の準備として、学制服専門店へ寸法を測りに行く。本人といつ行くか相談する。平日、午前に行くと周囲に不思議がられるし、夕方は 他の子がいるし…で嫌そう。土日は混むからもっと嫌!で、本人も考えて、結局午前に行くことになった。
ひきこもり、不登校

心の針 このころの『ヤケクソ』セリフと『良くなったこと』

不登校になり11ヶ月目、6年生2月この頃の自暴自棄的な『ヤケクソ」セリフ。一見、困り発言に聞こえるけど、こういうのって、『こういう自分になりたくない。大人にはなりたくない。』という、現われとのこと。
ひきこもり、不登校

親の責任!…と、おっかさんが怒られた事 そして次男に伝える→行動にうつした!

実家に電話したら、父親に怒られた。でも、確かに正しい。子供の成長は、親の責任。子供の今の状態に責任をとる、気概はあるのか。久々にガツンとした。時間はどんどん流れ、子供は放っておいても大人になる。でも、その時どんな大人になるのか。それは、やはり親の責任。焦りを感じた。
ひきこもり、不登校

大嫌いな予防接種*やってみないと分からない

予防接種は大事!注射は大嫌い!!納得してくれるか…ひきこもりだから外に出たくないだろうに。 色々出来るようになってきたし、チャレンジしてみるか!!
ひきこもり、不登校

夕方の散歩と出来ることが少しづつでも増えていけばいい…。日々の小さな積み重ねから(´-`*)

ゲーム好きは健在で、Fortniteは毎日楽しんでいます。ゲーム課金も大分考えながら出来るようになってきましたが、この日は欲しいものが出てきたようで、お小遣い欲しさに家手伝いに励む一日でした。洗車も1時間かけてしました!!外嫌い(ひきこもり)の次男にとっては良くやりましたね!!おっとさんの散歩に付き合う。(55分!)家から大分離れた焼き鳥屋の向こうまで、おっとさんと歩いたそうです。
家族

家族で順番に体調不良。おっかさんが嘔吐…その時次男は?

家族で順番に体調不良になりました。 まず始めに、おっとさんが発熱! →長男(酷い咳) →おっかさん(嘔吐) → 長男(発熱)→次男(発熱) と、こんな具合です。(何故か私だけ嘔吐…(;^_^A…) インフルエンザは誰もいませんでしたが、長男の引退試合も近いことで、ハラハラ…! 体調不良者は、順番に隔離で別室で過ごしていました。
ひきこもり、不登校

ひきこもり・不登校の日常生活の中で…【3歩進んで2.5歩下る】

に出ることを嫌がり学校に行かなくなって、殆どを家で過ごす生活。約1か月が過ぎる頃。その中で、エネルギーや元気を養っていくには、嬉しい事、楽しい事、喜びが何よりかな~と思いますが、狭い空間、しかも一緒にいるのは殆どおっかさん…。これで次男は復活していけるのか…?ささやかな日常の中で、前進したり、後退したりの出来事です。
タイトルとURLをコピーしました