偏頭痛

ひきこもり、不登校

最初で最後

友達と『外』で遊ぶことが出来るようになりました。「外」といっても、「外遊び」ではなく、自宅を出て私が車で送迎し、「友達宅でゲーム」して遊ぶ…という事です(;´・ω・)前回、遊ばせてもらったときも車送迎しましたが、今回は「歩いていく?」と聞いてみました。なんと了承!!私も一緒に歩いて送ることにしました。…が出がけに次男「(徒歩で出かけるのは)最初で最後かな…」とポツリ。
不登校

まさかうちの子が!?これって。。。もしかして不登校ってやつか!?

次男のMRI検査の結果は異状なし。何か悪い病気じゃなくて良かった!偏頭痛があるのはかわいそうだけど、病院の先生の言う通り、薬を飲みながら頭痛と上手くお付き合いしていくしかない。そして、学校へ行った次男。その日の夜、次男はポロポロ泣きながら、訴えたのです…。
不登校

頭痛が続く…MRI検査は異常なし。束の間の安心で学校へ行くも、次男にとっては辛い1日でした。

最初の脳神経内科へ行ってからずっと学校は休んでいます。MRI検査の結果は異常無し。束の間の安心の中、学校へ行きますが、次男にとっては辛い1日でした。山のようなテスト。家庭科室で一人、ミシンでエプロンづくり…。この日の夜に、次男の感情が溢れだしました!!
不登校

ひきこもりのはじまり

2月終わり。就寝前に、次男が頭が痛いと言い出しました。 この頃、時々頭痛があったので、あまり気にはなりませんでしたが、翌日は学校を休ませ神経内科のある病院へ行きました。病院では、念のためMRI検査を受けるよう勧められ、1週間後に、市民病院に行くことになりましたが、その間も、次男は起床時と就寝前は決まって頭の痛みを訴えてきたので、大事をとって学校はお休みしてました。
タイトルとURLをコピーしました