ネットワークの学習会②【 知ったこと*これだけでも良いのですね…(*´▽`*) 】

学習会

学習会では、ほんの数時間でしたが、専門の講師の方から

【不登校・ひきこもり】になった現状からの

考え方、当人との接し方、声のかけ方…等々の話を聞き、

私は、何も知らなかったんだな…と感じることが多かったです。

 

その中で、自分が心に残っている【 考え方や言葉 】を振り返りたいと思います。

とても気が楽になった言葉

①人生に(       )は、何回あってもよい。

②人生とは(        )こと。

(  )に何をいれますか?…とワームタイムがありました。

講師の方:「好きな言葉を入れてみて下さい。」

 

すーっごく考え込んでしまった私…(*_*;

私は…

①の(   )は、カベ(壁)をいれました。

②は、思いつきませんでした…(T_T)

 

この時、教えて頂いた言葉。

①人生に( スタート )は、何回あってもよい。

②人生とは( 好きな事をする )こと。

 

このワークタイムより…

■解決するための方向性

これまでの犯人捜し、原因を考えても解決にはつながらない。

【 今、ここ 】からスタートする決意が大切。

(そして、この『スタート』は何回あってもいいんだ~~(*´з`)**⋆⁂⋆** )

 

現状を受け入れ、【 スタートする決意 】。

 

これまでの事を考えても、落ち込む一方になります。それに、もしかしたら ここまで来たのは、

あらゆることの積み重ね。

複雑すぎる。

マニュアルも正解もないし、一人一人違うもの。

これをつきつめる時間があるのなら、前を向いて本人を認め、

心の回復をじっくり見守る…助けることを考えた方がいいかなぁ(*´▽`*)

と思いました。

 

スポンサーリンク

『正しく理解されて、初めて心は動く』

色々な問題の解決は、『関係性』の回復にある…とのことです。

本人と親、支援者の関係性について。

そのためには、まずは、理解だそうです。

確かに、自分を理解してくれない人には、心は開けないです(T_T)

 

スポンサーリンク

まずは、理解。そのためには…

関係性の回復にむけて、いくつか具体的な話がありましたが、

私がなるほどな~と思い、今でもたまに思い出したり、言葉にしてみたり…しています。

 

■アクティブリスニング(傾聴)

『相手が、何か問題を持っているとき、能動的に話しを聞くことによって、

相手を支え、結果的に相手の心の成長を促す対話方法。』

・方法として、具体例…↓↓

①子どもの言ったことを繰り返す

②タイミングに応じて要約する。

③子どもの気持ちをくむ

共感的に理解する。

なるほど!!(*^_^*)

 

■大人は、あまり言いたがってはならない。

大人の『なんで?どうして~?』は豊かな言葉ではない。

提案・理由を聞くのもNGだそうです。

…提案・理由………言いまくっていた気がします…(◎_◎;)!!

 

■『そう~。そうなの~。』といった、相づち・受容の言葉だけでよい。

これだけで良いのですか!?と本当に驚きです!

 

■主語を『私(母・父)』に置き換える

…I?(アイ)メッセージというのも、カウンセリングで教えてもらった事があります( ゚Д゚)!

これですねぇ(*´▽`*)

 

■私自身が、またまた安心した言葉…↓↓

『自立とは、依存先を増やす事。一人ではない。頼って良い所を増やす。』

たくさん頼っていいんですね!!(#^.^#)

 

次男のために学習会に参加しましたが、私自身が助けられた言葉も沢山ありました。

久しぶりに心がスッと軽くなった気がします。

いつもの景色や物、日常が少し明るく見えました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました