習い事のクラブチーム…退会しましたが…引退試合を応援に行こうか揺れる**

友達

【2020年1月中頃のお話:引退試合がありました。】

 

これまでの次男のバスケットについて

次男はバスケットをなんやかんや小学1年生のころから続けていました。

最初は遊びで楽しく♪♪

でもそのうち、本格的な練習や試合、大会にも出場する機会が増えてきました。

【楽しい】から【勝ち】を意識するようなバスケットになっていきました。

 

5年生までは、Bチームとしてそれなりに試合に出させてもらっていましたが、

5年生になった冬、6年生の引退試合も終わり、

いよいよ自分たち5年生がメインでやっていくことに!

コーチ方の気合も5年生に向きます。

出番も増えますが、怒られたりプレッシャーも。

バスケが好きで強くなりたい!いよいよ自分たちの番だ!!と気合の入る子もいますが…

次男はそんなタイプではありませんでした。

 

ひきこもり・不登校になり始めたのは2019年3月:次男5年生のころ。

U11(5年生以下)の大会期間中に、頭痛が治まらなくなりました…。

 

そんなにバスケが好きではなかったのだと思います…( ;∀;)

親が応援するから、一緒の仲間が大好きだから、コーチ方に励まされてきたから、

頑張って続けてこれたのかも…。

練習がきつくて、ポロポロ泣いてしまうこともありました。

ひきこもり・不登校になってからは一度も練習に行きませんでした。

学校には行けなくても、バスケには行けるかなぁ…とも思いましたが、結局行っていません。

家に居たい。外に行きたくない…!

それは、学校も好きなゲームを買いに行くのもバスケットもNGということでした。

スポンサーリンク

6年生の引退試合

練習にも見学すら全く行けず…こんな中途半端な状態もチームの皆に迷惑かけるよな…と思い、

次男とも相談して2019年12月頃にクラブチームを退会しました。

 

そのまま月日は流れ、今年度の6年生の引退試合が近づいた頃…

最後の試合…応援に行きたいな…と一人おっかさんは考えていました。

もうやめてしまったけれど、一緒に何年も頑張ってきた子供たちの最後を応援したいな…と。

夏の練習なんて、本当にきつくて見守りの保護者も気が気ではありませんでした。

そんな中を共に頑張ってきた仲間たち。

我が家はバスケをギブアップしましたが、最後の大切な試合はこの目で見届けたいな!

 

スポンサーリンク

次男にも相談する

でも、ギブアップ退会しておいて、しかも親のおっかさんだけで応援はどうかと思います。

 

次男は、この頃もバスケの仲間とは一緒に遊んだり、チャットゲームを毎日していまをした。

次男はどう思っているのかな…。

できれば行ければな…でも現実的に考えてかなりキツイよな…。

彼の心の状態も、依然と比べると大分元気になっているので、タイミングをはかって聞いてみました!

 

おっかさん:「もうすぐ引退試合だよ!おっかさん皆の最後の姿を応援したいんだけど、

○○はどうする?」

次男:「えー…行こうかな~。」

 

・・・と!!

『行こうかな~。』…次男本当に成長しました!ヽ(^。^)ノ !!

正直無理だと思っていたので、おっかさん一人で行くイメージでしたから。

すんなりYESで意外でした。

大会前日も次男は『明日行くからね。』という言葉。

 

…ところがそんなにうまくは行きません~~!

当日朝…『…行きたくない…。』と( ;∀;)

 

やっぱり難しいか…とがっかりしつつ、

しょんぼりした姿は次男には見せてはいけないな…と思い、

普段通りな感じで言いました。

おっかさん:「分かったよ。でも、おっかさんは最後の皆の姿を見ないと後悔すると思うから、

行ってくるね!」

次男は「行きたくない。」とはいったものの、迷っているようでした。

最後を応援したい気持ちがあるのでしょう。

おっかさんと同じように見ないと後悔するかな…と考えているようでした。

試合は11:30から。もうすぐです。

 

支度をするおっかさん。迷う次男。

そこで提案しました。

「とりあえず、行くだけでも行ってみようか(*^-^*)

おっかさんは1Qだけでも応援出来ればいいから、

○○が行けなければ、駐車場の車内で待ってて!」

(ミニバスケットの試合は、1試合4Qで構成。1Qは6分です。)

 

次男:「うん、わかった。行ってみるか!」

また新たな❝ひかり❞が見えてきました*⋆*⁂⋆*

 

大会会場まで車で20分ほど。

到着したらどうなるだろう…行けるかな…行けないかな…。

それは、おっかさんはもちろん次男自身にも分からないようでした。

次男は行きたい気持ちはあるけど、体が動くかどうか…行こうと決めてそれができるかどうか…。

自分で自分の行動がどうなるか分からないようでした。

本当に不思議な事です。

 

道中はいつもと変わらない様子でした。

「皆上手になっているだろうな!対戦チームはどこだったかな…。」

普通の会話をしていました。

 

スポンサーリンク

大会の応援

駐車場に到着しました。

次男は…

普通に車から降りて、普通に歩き体育館にむかいました!!

試合が既に始まっているようで選手や観戦者の出入りはなく、扉はしまっていました。

すこしひっそりしています。

 

その扉を開ける時は、さすがにひと呼吸おいていました。

会場はボールの弾む音とバッシュの擦れる音。子供たち声出しと応援コール!!

懐かしい光景です(*´ω`)

コート応援席にも普段と何も変わらない様子で歩みが進んでいます。

ためらったり、困った言葉も出てきません。

試合を見ています!!

 

あまりにも自然な様子で、おっかさんはびっくりしました。

でも今は応援にし集中しよう。

次男もそのために来たのだから!

 

コートを挟んで向こう側に、OB中学1年生の子たち3人が応援に来ていました。

次男のチャットゲーム仲間です。

実際に会うのは11ヶ月位ぶりです。

ハーフタイムで試合が中断となりました。

「ちょっと行ってくる!」

「え!?」とおっかさんが言う間に、なんとぴゅーーっと走ってOBの友達のもとへ!!

 

!!ビックリですΣ(・ω・ノ)ノ!

この行動力は本当にびっくりでした!!

すごーい!!!

 

今回も友達の力に驚かされたおっかさんでした!!

ありがとう!本当にありがとう!!

感謝せずにはいられませんでした。

友達の力*エネルギー*再び⋆*⁂⋆*

スポンサーリンク

結局、OBの友達とその次の試合も応援しました!

合間の待ち時間も皆とおしゃべりしています。

 

全試合が終了し、試合は負けてしまいましたが、

選手の子供たちはホッとしているようでした。

本当にお疲れ様でした!!

 

次男は一緒に、記念写真を撮ったり、お菓子を食べたり…。

大会会場は大きな公園敷地内にありました。

次男:「ちょっと遊んでくるねー!」と友達と行ってしまいました!

!!本当に信じられません!!ヾ(*´∀`*)ノ(/・ω・)/(((o(*゚▽゚*)o)))

 

途中で様子を覗きにいきました。

公園には少し高い塔の様な遊べる建物があります。

階段を駆け上り、走ったり!

頭痛で苦しくて、学校を休ませて…と泣きながら懇願していたあの日から、

こんな日が来るなんて…信じられない光景でした!

この光景だけで本当に幸せでした。こんなに嬉しい事はありませんでした。

 

今回の大会で、ひょっこりあらわれたこの親子に、

コーチやお母さん方にも暖かく声を掛けて頂きました。

本当に感謝です。

次男とかわりなく接してくれた子供たちにも、感謝しかありません。

ずっと家にいる生活でしたが、たくさんの方々に支えられているんだな…と思いました。

 

 

帰宅したのは16時。

次男「楽しかったー!行って良かった!!」

すごい1日になりました!!\(^o^)/

おっかさんにとっても忘れられない1日となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました