しまったな~ と思ったこと。(おっとさんが、次男に対してハッと気づかされた事。)

ひきこもり、不登校

ひきこもりになった次男の心に寄り添うように注意しながら、自分自身の行動や、ものの言い方、考え方に気を付けてきたつもりでした。

無理に学校に行かせない。そういった類のことは言わない。

心のエネルギーが回復するまで好きな事をさせてあげる。

家でも出来ることで、好きな事を増やしてあげる。

今もそうですが、次男がひきこもりになった当初は特に考えていました。

それでも、何気ない言葉や、行動で、ひどく次男の心を傷つけてしまったり、不安にさせてしまったことがありました。

しまったな~ ケース1

次男は「Nintendo Swich」の「Splatoon2」が大好きなので、暇があればコツコツとイラストを描いていました。

ところが、学校に行かなくなってからは、ほとんどイラストを描かなくなっていました。

「おーい、この動画一緒に見ようぜ」

そこで少しでも興味が戻ってこないかと、YouTubeでまるで本物のようにコーラの缶などの絵を描く動画を見せました。

しばらく一緒に動画を見ていましたが、次男がポツリと、

「お父さん僕のこと絵描きにさせたいの?」

ハッとさせられました。

スポンサーリンク

しまったな~ ポイント

今の時点で興味がないことを無理にさせようとしており、次男にとっては、ただの押し付けになっていました。

子育てしていて、当たり前のように学校行かせる、勉強や、スポーツなどの習い事をさせる、手伝いさせるなど。

子供の将来を考え、親の責任と思ってやっていることでも、それが耐えられなくなり、不登校という選択をした次男に対しては、間違ったアプローチだったと思っています。

スポンサーリンク

それから気を付けていること

今するべきは、まずは焦らず待つ!焦っちゃダメ!

家で心が落ち着いているときの次男は、一見とても元気です。

まるで不登校の子供には見えず、

「あれ?もう学校行けんじゃね!?」と思ってしまいます。

これって、特に、父親にはあるようです。

でも、これは絶対ダメ!

焦らず待つ!焦っちゃダメ!

次男のことは、焦らずに、注意深く見守り、何かに興味を持ったり、やってみようと思ったときに、そこに向かって前に進めるように、しっかりサポートしてあげよう。

そう思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました