進学や進級は、不登校にとって大きなきっかけ!【中学入学式 我が家の場合】

中学校

2020年4月3日 春休み

家の電話が鳴る。

見覚えのある番号。

 

小学校の担任先生からの電話でした。

卒業しても、次男を気に掛けて頂き、

TELをくだったのでした!!

 

次男も、戸惑いつつも話しをしました。

次男『中学の入学式には行くつもりです。』

不登校に関して、次男は有言実行タイプ。

先生に話したということは、

入学式にかなりいくつもりなのかな。。。と感じるおっかさん。

(∩´∀`)∩

 

先生、本当に今までありがとうございました。

感謝です!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

スポンサーリンク

中学校入学式 前日

次男語録

■入学式には行くよ!

■入学式かぁ~~~

■屋上(中学校の)で花火するよ~。

(花火して爆破させたい…の意味(;^_^A…)

■頭痛くならないかな~

(恐らく、体調不良だと欠席することになるから。)

■行きたくないよ~ぅ。

 

こんな、様子です。

行きたい気持ち、行かないといけない…という思考。

でも、出来るなら行きたくない…とも思う。

…( 一一)…複雑です。

 

スポンサーリンク

中学入学式 当日

大まかにいうと、入学式は行くことが出来ました。(∩´∀`)∩

友達と久々にあったり、

桜の木の下で、写真を撮ったりも!!

なんだか、入学式してる!!(≧▽≦)

おっかさんも、本当に嬉しかったです。

 

本人の変わりたい‼!という気持ちが

ここまで、次男を動かしていたと思います。

 

スポンサーリンク

コロナ第一波 分散登校と家庭での大量課題

この頃は、コロナ第1波

 

■入学式後も次回の登校は、数日後だったり、

しかも分散登校で、子供たちはまばらに登校。

↓↓

不登校の子にとっては、【慣らし】のようで、

良いペースだったかもしれません。

 

 

■大量の自宅学習!

↓↓

実は、小学5年3月から不登校になってから、

勉強全くしていなかった!! (;^_^A

 

最初は、大量の自宅学習も頑張っていました。

最初のうちは…(T_T)( ;∀;)

 

自分でやる…という事に苦戦する

スポンサーリンク

いきなり、大量の自宅学習。

重ねると…束ですΣ(゚д゚lll)

 

見るだけで、げんなりする次男。

途方に暮れて、勉強するスケジュールさえ、

自分では立てられない状態。

おっかさんも一緒にみてあげる。

 

それでも、次男は変わりたい!という想いはあったと思います。

入学式の当日から、

帰宅後、英語のプリントをやりました!

驚きです!ヽ(^o^)丿

 

小学校の時は、教科書の様な活字びっしりなモノを、

見るもの嫌がっていました。

 

次回の登校は、数日後。

次男は、家庭学習に取り組みました。

 

おっかさん『近くに居て』と言われることも。

おっとさんに数学教えてもらったり。

 

 

でも、時には癇癪を起すこともありました。

次男語録

■うわーうおーやりたくないよ!

■お母さんやってよ!答え教えてよ!!

でも、しばらく騒ぐと、勉強し始めたりする。

なんか、儀式的な…( 一一)

 

■僕、勉強から逃げているよね…

いきなり、こんな言葉もありました。

 

■こんなの出来ないよ!もうだめた!

(あきらめ感)

■もうやらない!でも、また勉強しなかったら、

学校に行っても、ついていけなくなるのは嫌だ。

そんな風になったら、また学校に行けなくなっちゃう。

(学校にいきたい。でも勉強が山の様だし、

難しくて分からないし…混乱しているよう。)

 

 

全体に学習の取り掛かりには、ムラがありました。

ある時は、ガッツリやり、

ある時は、まったくやらず…。

苛々したり、自分で無理やりスイッチいれたり!

 

しかし、何度もいいますが、

不登校・ひきこもりになってから、

殆ど勉強していなかった次男にとっては、

大進歩でした!!

 

おっかさんも、影ながらハラハラしたり、

応援したり、褒めたり。

余計な事( *´艸`)言わないように、

ぐっとこらえたりwww。

 

 

久々の登校

コロナ渦で、登校日も延期になったりしました。

4月20日登校が、5月6日に延期になったり。

その後の登校日は5月11日、18日、21日とこんな日程。

 

【登校の準備】

時間割合わせや、持ち物用意も、苛々してくるようでした。

本来なら、すべて自分でする事。

忘れ物をしたら、それで先生から注意をうけたり、

気まずい思いして、色々覚えていくものです。

 

しかし、次男の場合、

その『注意』や『気まずい思い』なりの恐怖のよう。

 

かと言って、学校からの便りを見ながらのチェック(文字を読む事。)

が苦痛で、苛々しているようでした。

 

【分散登校】

当初の分散登校は、行けたり、行けなかったり。

当日の朝、だるさを感じたり、頭痛がある日は休みました。

行けた日は、おっかさんは喜んだり、褒めたり!

行けなかった日は、また次に備えよう!と声を掛けたりしました。

 

こんな事しか出来ないおっかさん。( ;∀;)

代われるものなら、いくらでも代わるよ!と何度思ったか!!

 

 

糸が切れた日

入学式から、約1か月と少し、

次男なりに、勉強を頑張ってきました。

 

宿題は、すべて終わらせることはできませんでした。

癇癪を起しながらも、自分を奮い立たせて、

頑張ってきた次男。

 

そんな様子を見て、思ったこと。

次男は勉強が本当に苦痛の様です。

それは、大半の子がそうかもしれません。

だから、おっかさんも最初は、

みんな嫌いなりにやるものだと思っていました。

でも、本当に苦痛の様です。

 

勉強とは、将来のため必要な事。

大まかにはそんなこと。

でも、それが漠然としすぎて、

次男には全く響かないし、楽しくない。

 

答えが正解でも、家で一人。

誰が褒めてくれるのか、

達成感は微塵も感じられない。

 

おっかさんでさえ、『あれ?何のために勉強するんだろ?』って思ってしまう。

 

 

勉強に縛られず、

何か得意な事、夢中になれる事があれば…

と次男と話した事もありました。

提案もしてきました。

 

しかし、何も引っかかることがありませんでした。

 

好きな事は、ゲーム 動画視聴 絵を描くこと。

継続は力になるかなぁ。

続けることは財産になるけど、これで生活できるだろうか…(´ε`;)ウーン…

 

話が少しずれましたが、

勉強がとにかく、苦痛。

 

そんな次男の糸が、ついに切れてしまいました。

 

5月18日 次男は登校できました。

 

5月21日は登校できませんでした。

朝から、だるさや頭痛。

欠席した日中は、家でゆっくり過ごす。

しばらくして、体調良くなってきたようなので、

宿題の声がけをした。

おっかさん『宿題、少しでもやろうか。』

 

次男『そうだね。』

と宿題をやろうと机に向かうが、動けない。

 

次男

『やらないといけない、やりたいけど、やる気が起きない。

辛いよ、辛いよ…。』

泣き出してしまいました。

その後、トイレに入って、叫び、

押入れに入って泣いて。

おっかさん、押し入れを開けて、

次男を抱えて、肩をトントン。

『大丈夫だよ、辛いね、辛いね。』

 

その後も、部屋で泣く。

 

暖かいお茶を入れる。

飲みながらも、涙の訴えが続きました。

『僕、11~18日の宿題、本当に頑張ったんだよ。

1年間不登校して、勉強していなかったけど、

本当に頑張ったんだよ。

出し切ったんだよ。

そうしたら、18日に今度は2倍の量の宿題でてさ。

もう嫌だよ!!

辛いよ。本当に辛い。』

 

おっかさん

『本当に辛いね。頑張って出し切ったね。

出し切って、もう出すものないよね。』

 

次男

『僕の気持ちわかってくれて、ありがとう。

お母さんとお父さんで良かった!この家で良かった!』

 

↑かなり、気持ちが高ぶっていましたが、

最後は、こんな言葉でした。

家が落ち着く場で良かった。

 

心穏やかに過ごしてほしい。

それが、おっとさんおっかさんの願いです。

まだまだ、先は長いけど、

支え合って乗り越えていきたい。(*´Д`)

 

 

次男

『あー吐き出してすっきりしたよ。』

落ち着いてきました。

 

次男

『お腹空いてきたよ、なにか食べようかあ。』

自分で肉を焼くのが好きな次男。

おっかさんだと、焼きすぎるから、

自分のすきな加減で、弱火でパット焼く。

肉赤くて、大丈夫か!?っていつも思うけど、

これがいいらしい(*´▽`*)

 

 

肉を食べた後は、落ち着いた様子でリビングで過ごし、

夕食も食べることが出来きました。

 

食べることは、本当に大切です。

エネルギーになる、元気になる。

自律神経も整う!?

気分も自然と変わる。

次男が良く食べると、おっかさんは安心します。

食欲は、心も表している気がする。

 

 

仕事帰りのおっとさんにも、今日の様子を話しました。

次男と話をしてくれました。

励ましたり、受け止めたり、元気づけたり。

 

■おっとさんとの話

次男は、今日学校行けなくて、嫌な気持ちになったよう。

(後悔、学校に行けばよかった…みたいな。)

明日、行ってまた考えよう。

明日行けなかったら、もっと辛くなるかもしれない。

頑張っていってみよう!

次男も『わかった!』という感じ。

↓↓

翌日は、登校できました!

 

 

いろんなことの、物差しのメモリが、

一般的な中学生のそれとは、

少し違う感じ。。とでもいうのか(゜_゜>)

でも、それが次男。

それが、今の次男にとって普通のこと。

 

私たちの大切な次男°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

コメント

タイトルとURLをコピーしました