最初で最後

ひきこもり、不登校

不登校になってから、3か月ほどたった頃、友達と『外』で遊ぶことが出来るようになりました。

「外」といっても、「外遊び」ではなく、自宅を出て私が車で送迎し、「友達宅でゲーム」して遊ぶ…という事です(;´・ω・)

なので、ゲーム機Switchやカセット持参です。

そして、この日は家から通り1本離れた、ご近所さんに遊びに行くことになりました。

なんと徒歩

前回、遊ばせてもらったときも車送迎しましたが、今回は「歩いていく?」と聞いてみました。

なんと了承!!

私も一緒に歩いて送ることにしました。

…が出がけに次男「(徒歩で出かけるのは)最初で最後かな…」とポツリ。

 

歩いて向かう間、おっかさんは本当に嬉しかったです。

次男が外を歩いているっっ!!

 

そして「帰りはどうする?迎えに行く?」と聞くと、

やや不安そう。自分の徒歩帰路がどんな気持ちになるか分からないようでした。

「何かあったら、TELしてね!」と見送ります。

 

スポンサーリンク

ぐったり

帰り…

なんと、一人で歩いて帰ってきました(≧◇≦)!!

本当にすごい!よく頑張った!!遊んだのも楽しかったようです。

でも、…次回は送迎したほうが良さそう。帰りの一人徒歩がかなり辛かったようです。

 

辛い時ほどゲームです。友達と楽しんできましたが、また「ゲームしたい…。」と。

思わず「またっ!?」と言ってしまいました。

さらに「たくさんゲームしてきたんだから、少し休憩したら~?」と。

この一言も良くなかったと思います。

”ゲームやる OR やらない”で話をやりとりしていくうちに、

次男は頭が痛くなってしまいました。

痛み止めを「面倒くさい…」と言いながら飲み、

結局私も折れて、ゲームを始めました。

 

スポンサーリンク

もうちょっと他の言い方…

…私がいけなかったのだろうか。結局ずーっとゲームするのだろうか。

次男がゲームで、まるでストレスを忘れたがるように、

私も自分の失敗を冷静に考えられるように、庭の植木の『水やり』をしに外に出ました。

植物と接しているときは、色々な事が頭の中でぐるぐるしていても、一時落ち着いてすごすことが出来きます。

 

せっかく頑張ったのに、もっと褒めてあげれば良かったな…(;´∀`)

なんであんな風に(自分は)言ってしまったのだろう……。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました