ゲーム機を修理に出して5日が経過。耐えられなくなってきましたが…。

ゲーム

ゲーム機(Switch)を修理に出しました。

28日(木)の朝、ヤマトにて発送。

土日挟んでしまったからか、月曜日にやっとサポートセンターから修理品受付の完了メールが来ました。

修理の流れと、次男の誤解

見積り連絡をお願いしてあるので、受付から営業日5日以内で、その連絡が来る予定です。

見積り連絡が来てから、こちらから「了承」の返信をするまで作業はストップ。

その「了承」メールをサポートセンターが受付けて、作業が再スタートするためか、そこから10~14日で修理完了の目処です。

 

次男は、『発送』から10~14日でSwitchが戻ってくると思っていました。

説明はしたつもりでしたが、こういうのは難しいものですΣ(゚д゚lll)

 

既に5日経過していて、ここから10~14日は間違いない…と聞いて大ショック!!

叫んだと思ったら、泣いて、仕舞にはリビング隣の和室に行ってしまいました。

扉をぴしゃりと閉めて!

 

スポンサーリンク

カウンセリングでの話

丁度、その日はカウンセリングに行ってきたところで、カウンセラーのSさんにSwitchがない事を相談していました。

Sさんは、ゲームの無い生活を良しとしていました。

大歓迎!ずっと修理から戻ってこなければいいのに~…と少し笑いながら話していました。

 

ひきこもり、不登校の長期化にゲームやインターネットも関係しているそうです。

それは、確かに納得。家に居ても何でも事足りてしまいます。

ゲームは楽しく、動画は尽きることがありません。インターネットの情報も際限なく…。

外に行く必要はあるのか…とも思えてしまいます。

でも、人は一人では生きていけません。たくさんの人と関わって人生を歩んでいきます。

 

「ゲーム機がなければ、今の次男くんなら他のことを考えたり、暇だ暇だと叫ぶエネルギーがどこに向いていくか…」

「例えば、家の困っているっことも、話せばわかる年齢ですよ。なにか役割を受け持ってもいいかもしれません。

そして、頑張って何か出来たときは、褒めてあげる。家の事を手伝ってくれたら褒めて下さい。」

 

カウンセリングでは、修理を待つ!という結果でしたが、

私が帰宅後も、落ち込みようが激しいので、どうしたものか…困ってしまいました。

本人は、新しいものを買いたい!とまで言っています。

 

「自分が壊れる。感情がなくなる。爆発するよ。どうすればいいの?」と溜息。

「もう今は、お菓子もいらない。話す気にも食べる気にもならない。」

「でも、もし(新しいのを)買ったら、きっと後悔して、またこうやって泣くことになるんだろうな!」

 

おっかさんは、どうしたらよいか分からなくて、SさんにTELしました。

もう不在で、別のカウンセラーの方と話をしました。

これまでの流れや、この状況を説明し…

 

結果…

『次男くんの辛い気持ちもよく分かりますが、期限のある事。買うことはお金さえあればすぐに出来る。

でもこの頑張った体験が1月、2月頃で生きてくる。』…とのことでした。

(どんなことに『生きてくる』のかは、この時のおっかさんには分かりませんでした。)

 

電話を切ってリビングに戻ろうとすると、次男が階段で座ってる!話を聞いてたようです。

次男…「聞いてたよ。もう分かったから!」と。

おっかさん…「○○の辛い気持ちも分かるけど、期限のあることだから、

もう少し頑張ってみましょうって。誰も○○(次男)の気持ちを分からないわけではないよ!」

 

しかし、次男はまた和室に行きます。私が話をしようとついて行くと、

「(部屋から)出てって !」とのことでした。Σ( ̄ロ ̄lll)

 

スポンサーリンク

気持ちの整理

しばらくしてから、次男が和室から出てきました。

「お腹すいた~」と言って、冷蔵庫やお菓子をガサゴソ。夕方で丁度お腹のすく時間です。

 

『そっとしておくか…(´-`*)…』と、思う私。

長男をチームの練習に送迎。45分後くらいで帰宅。

 

次男は、リビングで普通に動画を見ていました。普段と変わらない様子で少し安心。

 

それからは、泣くこともなく叫ぶこともなく…

時々、「まだ連絡ないかな~、早く帰ってこないかなあ~。」と、

独り言の様に言います。

 

きっと、おっかさんが困っているのも伝わったのかも。

以前は、Youtubeアップにむけて思い通りにならなくて、結局こちらが折れて、パソコンなど買ってしまったけれど、

今回の事は自分で受け入れ、心の中も整理しようとしているようです。

この変化には、驚きました。苛々はしばらく続くと思っていましたから!

これが、TELでのカウンセラーさんの話していた『この体験が生きてくる…。』ということでしょうか。

 

少し前の次男とは違う態度。

こんな癇癪気味の時は、変なモノ?が見える~!とまで言っていたあの頃に比べ、

思い通りにならない現実を受け入れて、向き合っています。

早くも成長を見ることができたのでしょうか!(∩´∀`)∩⤴⤴

 

普通に考えれば、我慢したり、気持ちを整理をするのに工夫したりすることは、当たり前の事ですが、この頃の次男にとっては、これは非常にハードルが高いことでした。

そのハードルの高さが、今回は少し変化したように思いました(*^^)v

 

ゲーム機はそれから三日後に帰ってきました。

意外には早かった…。

後から思えば、本人は辛いでしょうがゲーム機のない生活を、もっと見ていたかった気もします(;^ω^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました